「ほっ」と。キャンペーン
森山大道氏の写真展行って来たけど…
c0146550_15115076.jpg

森山大道という有名な写真家がいるが、


どこがいいのかさっぱりわからない。


わからないどころか、権威的なものさえ感じてしまう。
しかし、本屋でぱらぱらと写真集を捲ったり、ネットでちらっと作品を見ただけで判断するのもどうかと思ったので、東京都写真美術館へ現在開催中の森山大道展へ行って来た。
結果、

c0146550_15124737.jpg




やっぱりどこがいいのかさっぱりわからない。



デビュー当時から時系列で大量の作品が並べられているが、足を止めたのはデビュー当時の作品くらいで、あとは歩きながら鑑賞。最後のハワイシリーズに到っては早歩きになった。
美術館のいい場所にいかにも大御所といった雰囲気で展示されている画家・東山魁夷作品の鑑賞の仕方と同じだ。

写真を眺めながら歩き、「なんで彼は大御所になれたのだろう。当時の写真界ではインパクトがあったのか?プロデュースがうまかったのか?カリスマがあったのか?それとも皆本当に彼の作品が好きなのか?」などと考えていた。
「迫力、説得力はあるかな」と感じたことが唯一の好印象だった。

c0146550_15131970.jpg


3階ロビーのテレビで放映されていた日本テレビ製作、1996年2月24日に放送された40分のドキュメント「写真家森山大道1996 ~路上の犬は何を見た~」は興味深かった。
彼のストリートスナップのシーンがたくさん収められていたのだ。ストリートスナップを撮りこのブログにアップしている私は釘付けになった。
街中で平気でストロボを焚くシーンが何度もあり「こんな目立つことやってるんだ」と感心したのだが、それはまだ序の口だった。
商店街。
向こうからやってきた主婦を至近距離で真正面から撮影。主婦は苦笑いしながら大道と肩が触れ合わんばかりにして通りすぎて行く。
肉屋で肉を買う主婦をストロボで撮影。
びっくりする主婦にかまわずカメラを降ろした彼はさっそうと通り過ぎて行く。



大道、堂々すぎ!



街行く人たちを正面から撮り、何も言わずに去っていくのだ!
撮影の早さ、堂々とした態度・・・・物静かな風貌と物腰とは正反対だ。

「撮影された人は何も言えないだろうな」とも思った
訳がわからず言葉を失い、撮影されたことに気付いた時には数メートル先で足早にさっそうと歩く大道の後ろ姿を見送る・・・・。
この番組、ネットでも見れるので文末のリンクからぜひ見て頂きたい。

c0146550_15135556.jpg


実はこの「撮影の早さ、堂々とした態度」の2点、ストリートスナップでトラブルに巻き込まれない重要なポイントであり、私も日頃からそれを心がけている。
写真の出来と同じくらい重要な要素だと考えているくらいだ。トラブルに巻き込まれては撮影どころではなくなるからだ。

ところで。
写真なんて白黒にしてコントラスト上げて粒子を荒くすればお手軽に迫力や説得力らしきものが出ると思わない?

c0146550_15141637.jpg


LEARN HOW TO FALL! ⇒ 人気ブログランキング

※いやあ、もう毎日更新無理かも。新しい仕事も軌道に乗ってきたし、オフはその反動か疲れまくり。コメント返し出来なくて申し訳ないです<(_ _)> 次回月曜にアップ出来たらラッキー。




[関連リンク]
森山大道オフィシャルサイト -moriyamadaido.com-
森山大道展:東京都写真美術館
動画「写真家森山大道1996 ~路上の犬は何を見た~」:第2日本テレビ
learn how to fall ,paul simon:YouTube

[PR]
by Photobra | 2008-06-06 15:24 | 写真展
<< タイトルさえ浮かばない 横木安良夫氏のストリートスナッ... >>