カメラ選び ~ストリート・フォトグラファーの誰も知らない真実2~
c0146550_11151491.jpg
2008.01.18 │ 歌舞伎町 │ Nikon D300 │ AF-S VR 18~200mm F3.5~5.6G │ 18mm │ F5.6 │ 1/125秒 │ 露出補正:0
ISO200 │ WB:オート │ JPG L NORM │ Pコントロール:ニュートラル │ A・D-ライティング:標準

一日飛びましたが、現在「毎日更新を目指し、最悪一日飛ばす」という方針になっています。
ご了承下さい<(_ _)>

予告した私のカメラのスナップ撮り用基本設定を公開する前に、まずスナップシューティングで決定的瞬間を収めるためのカメラの選択について書く。

一眼レフカメラかコンパクトか
目立たなさ、携帯性ではコンパクトカメラに部があるが、シャッターチャンスに弱いことが欠点だ。
起動や、シャッターを押してから写るまでの時間が長い。
その点一眼は俊敏に反応するのだが、目立つし重くかさばる。

私はコンパクト機を常時持ち歩いているが、最近はどんなスナップも首から下げた一眼で撮っている。
D300に早く慣れるため出来るだけ持ち歩くようにしたのだが、案外目立たないということに気付きそれが習慣になった。
またバッグに入れると重さが気になるが、首や肩に下げるとほとんど気にならない。

結論は、決定的瞬間をモノにしたいのなら迷わず一眼。ただし、すぐに撮影出来る状態にしておくこと。肩、首、手のどこでもいいが、ぶら下げておく。電源ONのままでレンズキャップもなし。鞄に入れるのはもっての他。これは決定的瞬間を逃すということもあるが、「カメラを出してわざわざ撮るべき被写体だろうか」という迷いが入るため。この雑念が邪魔。撮らずに後悔することはあっても撮って後悔することはまずない。
猪木が言ったではないか、


危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となる

迷わずゆけよ

ゆけばわかる




迷う前に撮れ!



つづく



Photobra@気力が落ちると面倒臭いんだよねえ。スナップシューティング・・・



[関連記事]
驚愕のトレーニング!! ~ストリート・フォトグラファーの誰も知らない真実~

[PR]
by Photobra | 2008-01-28 11:24 | 写真について
<< 感度自動制御は強い味方 ~スト... 驚愕のトレーニング!! ~スト... >>