画質対決!D300vsD50(高感度対決もあり!)
D50とD300では画像がどうちがうのか?
出来るだけ同条件でテストした。

c0146550_2275149.jpg
レンズはAi AF Nikkor 35mm F2D、F8、1/4秒、ISO200、WB:晴天、スピードライトSB-800でバウンス撮影。D300のアクテイブDライティングはオフ。そのままでは色目が少し違ったので、フォトショップでD300画像の彩度、シャープネスを変えD50に極力合わせた。詳しくはオリジナル画像のExif情報参照。D300オリジナル画像 D50オリジナル画像


D300のほうが高精細であるが、マニアックな目で見なければ、


変わらない(笑)


D50は2年半も前のモデルで価格はD300の半値以下である。
いかにデジタルカメラの画質の進歩が遅れているかが窺える。
ニコンを問わず、画素数を増やすことばかりにチカラを入れるカメラメーカーに「何をやってるんだ」と言いたくなる。

では、高感度はどうだろう?
D50は「ファミリー向け」というウリ文句の影に隠れたが発売当時画期的な高感度耐性を誇り、高感度耐性では当時それを大きなウリの一つにしていたライバルのキヤノンEOS Kissと同等か少し上回った製品である。
かたや「高感度に強い」との評価が早くも下ったD300。

c0146550_2321942.jpg

c0146550_2324169.jpg

c0146550_2355629.jpg
D300はアクテイブDライティングを弱、ノイズリダクションは標準。D50は感度を上げると露出が明るくなったので、時計の金属ボディ部分の露出をフォトショでD300に合わせた。

ISO400ではD50のほうの明るい部分(時計のボディ)と暗い部分のの階調が失われはじめ、ISO800ではそれが顕著になりISO1600では立体感が失われてしまっている。これはD50を2年間使用して感じたことに合致する。ISO1600では被写体が平面になってしまうのだ。一方D300のほうは、ISO800でもまだ立体感があることがわかる。
で、結論なのだが、この被写体における高感度特性は、


1~1.5段分D50よりD300のほうが優れている。



と言えそうだ。
これはじっさいD300を使用してもそう感じる。
この部分は「実用感度はISO400まで」と言われた2年前発売のD200からしっかりと進歩した。
まあ、あれだけキャノンと比較して「ニコンは高感度耐性が悪い」とネットで叩かれるとニコンもやらざるをえなかっただろうが。

Photobra@何度も見ているとどれも変わらなく見えてくるので注意


ニコンD3・D300開発者インタビュー - FXフォーマットとDXフォーマットのダブルフラッグシップ:マイコミジャーナル
【実写速報】ニコン「D300」:デジカメWatch

[PR]
by Photobra | 2007-12-11 02:42 | D300ざっくばらん
<< 私のD3 個性 ~オリジナリティ~ >>