D300レポート6 露出とスピードライトの調光性能
c0146550_2332420.jpg
2007.12.01 │ 新宿歌舞伎町 | 黄金咲ちひろ │ Nikon D300 │ AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF) │ SB-800
18mm │ F5.6 │ 1/60秒 │ ISO400 │ WB:オート | 露出補正:-0.3段
JPG L Nomarで記録 │ NR:標準 │ Pコントロール:ニュートラル │ A・D-ライティング:強め │ オリジナル画像


また更新を一日飛ばしてしまった・・・。
2日連続オールで飲みです。
そのまま仕事で東京タワーの撮影に。
昼過ぎに帰ってから今まで爆睡してました。

D300、AWBは極めて優秀です。
現在5千枚近く撮影しましたが、おかしなWBになった記憶がありません。
不安定だったD50と比べ別世界な感じです。
色かぶりも、これでもかというほど除去してくれます。

露出は不安定です。今日のタワーの撮影でも多くのカットで露出補正が必要でした。
アクテイブDライティングが関係しているのか、はたまたカメラの不具合なのか・・・。

ここ二日SB-800で撮影する機会があり、ストロボの調光やカメラの露出はすべてオートに設定したのですが露出が暗くなることが多々ありました。
上の黄金咲さんの画像は全てスピードライトを使い10枚撮ったのですが、×が5枚、△が2枚、○が3枚の惨憺たる結果でした。
絞り、シャッタースピード、ISO、露出補正値は同じなので、暗くなるのはスピードライトの調光の問題でしょう。
D50では苦労した記憶がないのですが。

ところで世間はD3の話題で騒然としているようですね。
絶賛です。
なるほど、はやくも世間はD300のことを、




D3と略すようになったのですね。




Photobra@D3については見ざる言わざる聞かざる
[PR]
by Photobra | 2007-12-02 22:44 | D300レポート
<< 日本対台湾とD300で調子に乗... 二日酔い >>