D300レポート2 高感度サンプルアップ!
c0146550_1232869.jpg
2007.11.24 │ 高尾山 │ Nikon D300 │ Ai AF Nikkor 35mm F2D │ F8 │ 1/250秒 │ ISO200 │ WB:晴れ
LARGE NOMARで記録 │ ピクチャースタイル:ビビッド │ アクティブDライティング:標準 │ オリジナル画像

紅葉を撮りに高尾山へ行ってきた。
京王高尾山口駅の改札を出ると驚いた。
人、人、人。
新宿駅のような人ごみだ。
人で渋滞する道を登って行くと高尾山の山並みが見えてきたのだが、これにはガックリ。


紅葉がない。


時期がちがうのか?
それとももともと紅葉の少ない場所なのか?
結局山頂まで登っても大した紅葉は見られなかった。
画像は数少ないもみじ。しかもくすんだ色のものが多くその中でも数本しかみられなかった色鮮やかなもみじだ。
皆さん、


もみじ狩りは計画的に。


さて、今回のもう一つの目的はD300のテスト。
気がついたことを書いていく。

露出
合わない。
山歩きで光と影からなるコントラストの強いシーンがほとんどだったせいか、カメラまかせの露出で使えるものはほとんど無かった。約1000ショット撮ったのだが全滅に近かった。
私は山歩きをしないので分からないが、山の撮影とはこんなものなのか?
他のメーカーではどうなのか、皆さんの意見を聞きたいところである。お気軽にコメント下さい。
ほとんどが露出オーバーで極端に明るいことが多く、-2.0の補正も当たり前だった。これではマニュアル露出のほうが早いかも知れない。
また、アクティブDライティングを標準以上でかけると露出補正が効きにくくなる傾向が見られた。

背面液晶の黄色かぶり
今回またこれに驚くことがあった。
何に反応するのか分からないが撮った直後に背面液晶を見るとあまりにも黄色いので一瞬頭が空白になることがあった。
しかし今回数を撮ってみて、黄味ががかる画像がごく少ないことに一安心。
このブログのコメント欄に「PCモニタが色がでていないんじゃないのかな?」「PCのモニターの色が狂ってるんじゃないですか?」という書き込みがあったが、私が言及しているのは、


D300の背面液晶


についてである。それはコメントのあった記事にもはっきりとそう書いている。
もちろん肉眼で見たものと比較してのことでPCのモニターは関係ない。
勘違いにも程がある。

アクティブDライティング
これについてもテストしてみたが興味深い結果が得られた。
次回の記事で作例と共にアップする。

高感度画質
驚いた。「すごくいい」の一言だ。
同じ被写体を感度を変えて画像を17inのモニターいっぱいに開いた環境で判断すると、マニアックな見方をしなければ、IS0400はISO200と同じ感覚で使えるのではないかな。
ISO800も使え、やっとISO1250からコントラスト落ちと共にノイズが目に付きはじめISO2500から明らかに緊急用という画像になりISO6400でやっと不快な画像となる。最後にサンプルをアップするので参考にして欲しい。

画質
キマッた時は(撮影環境、レンズ、私の技術、を含む)、私の好きな濃厚な絵が出てくる。前回記事にも書いた、


迫ってくる感じ


である。
今回これを確信した。
これからが楽しみだ。

※何か質問があればコメント欄にお気軽に書き込んで下さい。分かる範囲で回答致します。

高尾山公式ページへようこそ! 高尾登山電鉄株式会社 公式サイト




 
JPG。LARGE-NORMAL。WB:AUTO。ピクチャースタイル:スタンダード。ノイズリダクション(ISO800以上で処理):NORMAL。アクテイブDライティング:ノーマル。絞り優先。F5.6固定。露出補正-0.3.12mm。レンズ:Tokina AT-X 124 PRO DX。フォトショップで加工:縮小、画像の結合のみ。
c0146550_12464643.jpg


上のサンプルの等倍切り抜き画像。
c0146550_1304632.jpg

[PR]
by Photobra | 2007-11-25 12:53 | D300レポート
<< D300レポート3 画質とモニター D300レポート1 液晶画面と... >>