「ほっ」と。キャンペーン
こうして広角ズームを選んだ
c0146550_2202680.jpg
2007.10.25 / 府中郷土の森公園 / Nikon D50 / Tokina AT-X 124 PRO DX / 12mm / F8 / 1/250秒 / ISO200


先日、D50、D300用に「Tokina AT-X 124 PRO DX」を買った。
なぜ各メーカーの広角ズームからこのレンズを選んだか、書いてみよう。

この焦点域は他には、ニコン、シグマ、タムロンから出ていて、信頼性の面から純正レンズにこだわりたいのだが、純正は値段が馬鹿高い。
4社の各料金は以下(価格コム最安値)。
     
  • ニコン AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)
    ¥116,880

  • トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4 (ニコンデジタル)
    ¥45,494

  • シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM (ニコン AF)
    ¥54,898

  • シグマ 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM (ニコン用)
    ¥64,800

  • タムロン SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF] (Model A13) (ニコン AF)
    ¥45,660

ニコンが他社の倍近くする。
ネットや雑誌で調べても価格に見合う優位性はないように思えたので万年金欠の私はパス。
ちなみに、資金が潤沢にあれば迷わずニコンを選ぶ。

ニコンを除けば、写りが「純正並か純正を凌ぐ」という評判で実際ネットに上がっている画像を見ても申し分のない描写の定番トキナーだが、ワイド端10mmと超音波モーターのシグマ10-20mmも魅力だ。
10mmの魅力は言わずもながだが、超音波モーターはD40系で使う時に生きてくる。D40系はレンズ駆動モーターを内臓していないので超音波モーター内蔵レンズじゃないとAFが効かないからだ。
将来D300のサブカメラとして高感度の画質の良さでマニアからも絶賛のD40もしくはその後継機を購入するかも知れないのでシグマもいい。
タムロンは11-18mmの画角が中途半端で、シグマ12-24mmはフルサイズのカメラで使えるというメリットがあるがAPS-Cフォーマットで使う限りでは重く大きく値段が高い。この二つは候補から外す。

トキナー12-24、シグマ10-20、どちらを選ぶか?
ん~、難しい。
トキナー12-24の愛用者でありファンで更新を楽しみにしているブログ「Digi-memo」さんにこのレンズについて聞いてみた。
気になったのはニコンのカメラとのマッチング。アンダーやオーバーに写ったり、スピードライトの調光がうまくいかなかったりしないのか?
返答。
トキナーについては露出・フラッシュいずれも問題なく色のりも十分です。(シグマは持っていないので不明)
写りはコクがあるといいますか、発色が良い印象です。

純正は高すぎでメリットはあまりないでしょう。それこそトキナーとシグマが両方買えます(笑)

ここでも純正は分が悪い。
どうやらトキナー、評判どおり良さそうだ。
では、情報の少ないシグマ10-20mmはどうだろう?
所有者でありこちらも私がファンのブログ「COLKID プチ日記」さんにこのレンズの使用感を聞いてみた。
返答。

シグマ特有の線の細いシャープな描写で、ニコンとは対極のすっきりとした抜けの良い描写なので最初は気に入るのですが、個人的にはしばらく使うとそこが鼻についてきて使わなくなる・・というのを繰り返しています。

シグマの描写に不満な様子。
結局この言葉が決め手となった。
改めてCOLKIDさんがシグマで撮られた画像を見ると、絵のようなノッペリとした感じで精密感にかける。
しかもそれがハッキリと分かるレベルである。
ハッキリ、クッキリ写真の好きな私には、これは、


ヤバイ。



念のため、カメラやレンズごとの膨大なサンプルを見ることができるサイト「PBase Camera Database and Museum」でチェックしてみるとやはり同じ傾向の絵をこのレンズは出していた。

次は実機を大手量販店2店で触ってみたところ以下のことが分かった。


トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4
デザイン、高級感がありいい。AF、満足のいく速度。リングを回した感触もいい。4社の中でこのレンズが一番重いのだが、それ程気にならない(570g、最軽量のタムロン11-18は345g)。

シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM
デザインはトキナーと正反対でクールな感じだが悪くない。超音波モーター駆動のAFは速いし無音。さすが。

タムロン SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF] (Model A13)
これはすぐにダメだと思った。リング(ピントかズームか忘れた。両方かも)を回した感触が良くない。というより不快感を覚える。ジャリジャリと砂が入った感じ。AFは遅くて音が大きく、AFでピントが移動するたびにリングが回るので手に当たり気持ちが悪い(2店共同じ感触だったので個体差ではない様子)。このレンズには画角、機能、開放F値、値段、使用感どれを取っても他社に対するアドバンテージがない。あとは描写力だが、候補から外していたので分からない。ネットでほとんどこのレンズの情報がないのは「皆からあきらめられたレンズ」だからか。


実機に触れトキナーに何も問題がなかったことがわかり、シグマの超音波モーターの速さと静粛性に後ろ髪を引かれつつも、描写が気に入ったトキナーに決定した。
購入は価格コムで調べたネット通販の「カメラドーム」で 45,000円。もっと安い店があったけど「5年保証付(無料)」でここに決定。
それにしても大手量販店とネット通販店との価格差には驚かされる。約2万円も量販店が高かった。

製品が届き半月。
今回アップの「府中郷土の森公園」、「後楽園ホール」「ライブハウス」「銀座」で使用したが、今のところ大きな問題はない。
気になったことは、野外撮影で露出が1段分オーバーに振れたことと、ハレーションとゴーストがVR18-200より多く出たことくらいか。
描写には満足している。
ニッコールと併用してもなんら違和感がないし、巷で言われる解像感のスゴさは、なるほどその通りかも知れないと唸らされる。人物の顔を写したとき皮膚感がしっかり出る。
これは私の欲しかった描写だ。




ハッキリ、クッキリがいい!




頭はハッキリ、クッキリしない。
風邪がひどくなりました。とほほ・・・。

Digi-memo(コメント欄で相談)
COLKID プチ日記(コメント欄で相談)
PBase Camera Database and Museum
価格.com - カメラ
カメラドーム

Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)
Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM
SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM
TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF] (Model A13)

[PR]
by Photobra | 2007-11-11 22:15 | レンズ・機材
<< プロレスを撮る 「ニコンプラザ銀座」でD300... >>